MENU
東栄町

鉱山に星降る田舎町
ロマンティックトラベル

11月から3月の間、夜を徹して行われる伝承の神事「花祭」で有名な東栄町。町の最高地点は標高1016mの高峰・明神山、最低地点は大千瀬川の東端で標高170mと起伏に富んだ地形に、珍しいスポットがたくさん揃っています♪

地元の鉱石を使って
ミネラルファンデ作り体験

東栄町は日本で唯一、セリサイトが採掘される場所。この鉱石はなんと、ファンデーションの原料になっているんです! 町では美にまつわるさまざまな体験が用意されていて、そのひとつがミネラルファンデーション作り体験♪ 教えてくれるのは、東栄町に魅せられて和歌山県から移住してきた大岡千紘さんです。20分の素材講座で鉱石について学んだら、いざ実習へ! セリサイトを主原料に、UVカット効果のある鉱石などを調合して、乳鉢と乳棒で均等になるまでスリスリ…。まるで理科の実験みたいで、楽しく没頭できますよ。黄、赤、黒の天然顔料を少しずつ足して色を調整していけば、自分にぴったりのミネラルファンデーションが完成。使い方までしっかり教えてくれます!!(彩乃さん)


廃校を活用したカフェで
のんびりティータイム

ビューティー体験を満喫したら、そのまま歩いて小学校のカフェへGO! ここでのお目当ては、木造校舎のぬくもりをそのまま生かした空間と、地元の果物や野菜を使ったおやつ&軽食♪ ちょっとお腹が空いていたから、地元のブランド鶏・東栄チキンのソーセージと旬の野菜がたっぷり詰まったピタパンサンドをチョイスしました。パンはお店で生地から手づくりしたもので、パリッ&もちっと焼き上げてあっておいしい!! ランチがてら利用するなら、大きなナンが2枚つく“のっきぃカレー”もおすすめ。東栄町にはブルーベリー農園がたくさんあるんだけど、「Cafeのっきぃ」ではカレーの隠し味に、このブルーベリーを使っているんだって。(彩乃さん)


ダイナミックな絶景!!
奥三河のナイアガラへ

町を西から東へ流れる大千瀬川のほぼ中央には「蔦の渕(つたのふち)」と呼ばれる滝があり、奥三河ではかなり有名な景勝地。「蔦の渕の底は竜宮へとつながっている」という言い伝えがあるのも納得の雄大な景色が広がっています!! 国道473号沿いに建つ「とうえい温泉」裏の展望台からは、落差10mの滝を横から眺めることが可能。ここにある竜神の鐘を鳴らせば、願いが叶うんだって♪ 対岸の町道沿いにもビュースポットがあり「蔦の渕」の看板を目印に進めば、すぐ見つけられるはず。駐車場から林道を5分ほど歩いた先の階段を下ると、滝を真正面から一望できる河原へ到着! 雨などで水かさが増していると降りられないこともあるから気をつけてねっ。(彩乃さん)


標高650mの高原で
幻想的なひとときを☆

「蔦の渕」から20分ほど山道を上った先に広がる御園高原は、全国屈指のスターウォッチングポイントとして知られる場所。そんな絶好のロケーションで星空鑑賞できるのが「スターフォーレスト御園」です☆ プラネタリウムでは、6mのドーム天井いっぱいに四季折々の星空が再現され、その日にどんな星空が見えるのかを生で解説。宿泊者限定で天文台も公開していて、60cmの巨大な反射望遠鏡を覗かせてくれるのはかなり貴重!! 月面の様子や惑星、星雲などを見ていると宇宙を身近に感じられるんです。晴れていれば、昼間でもこの望遠鏡で星が見られるんだって。次は5~6人で「スターフォーレスト御園」内のバンガローに泊まって、天体観測を堪能したいな。(彩乃さん)


おすすめスポット PickUp!

スタンプラリーに挑戦