MENU
豊根村

“ダム女”が案内する
豊根で非日常を楽しむ旅

自然豊かな山あいに広がる豊根村。ダム好きな私たちが、ダムを巡る旅をナビゲートします。と言っても、お気に入りを探しながらの気ままな女子旅です♪ ダムカードコレクションにダムカレー、意外とハマるかもしれませんよ!

山道&トンネルを抜けて
お目当ての佐久間ダムへ!

今日は豊根村にある佐久間ダムへ。車で山道をドンドン行くと、岩肌むきだしのトンネルをいくつか抜けた先に、ダムの美しい姿が現れました! ダムって、迫力のある佇まいが素敵なんです。ダム湖の水の色も綺麗ですよね♪ ここは大自然に囲まれた重力式のコンクリートダム。ちょうど紅葉の時期で、湖面に山や空の色が映り、太陽の光で瑠璃色に輝いていました。そして、“ダム女”のココロくすぐるダムカードは「佐久間電力館」でもらえます。電力館では佐久間ダムの模型があったりと、社会見学気分でダムのことを学べます。そうそう、展望台の“やまびこポイント”から、ぜひ「やっほー」と叫んでみてくださいね! いくつもこだまが返ってきて感動しますよ。(亜衣さん)


次に向かったのは新豊根ダム
平日は事前予約で内部見学可能

せっかく豊根村まで来たから、もうひとつダムを見たい! ということで「新豊根ダム」へ。さらに奥深い山を駆け上がり、神秘的な「みどり湖」湖畔を10㎞ほど車を走らせると到着します。平日なら、事前に予約をしておけば、内部見学もさせてもらえる♪ ということで、コントロールパネルがずらりと並んだ操作室を見学後、ヘルメットをかぶり、エレベーターでダム中腹へ。そこからキャットウォークを歩きました。上から見たときとは違い、コンクリートの壁が迫りくるような迫力!ここは私の好きなアーチダム。左右非対称ドーム型って珍しいんですけど、内部からその形状を実感できて“萌え”ました(笑)。(奈々さん)


豊根村へ来たら訪れたい、
山の麓のドイツパン屋さん

ランチスポットは私のお気に入りのお店へ! 噛むほどに味わいが広がるドイツパンや自家製酵母のパン屋さんです。ドイツのミンデン市で修業してきたご主人が開業し、名古屋から移住して来たそう。「ブルーベリーから作る天然酵母が、豊根村へ来たらうまく発酵するようになってね。パンの風味が増したよ。やっぱり水と空気が綺麗だからかなぁ。」店舗併設のパン工房から出てきたご主人とそんな会話を楽しみながら、パンを買って外のテーブルへ。お店の庭でピクニック気分でいただきます。「ドイツパンは、レバーペーストや山羊のチーズと合わせて、ワインのおつまみにしたら最高に美味しいよ!」と奥様も会話に加わり、幸せな時間が流れました(亜衣さん)


ダムカレーならココ!
地元の食材も買える道の駅

ダムに来たらダムカレーでしょ、ということで帰路、道の駅「豊根グリーンポート宮嶋」へ。「山のレストランふるさと」で名物の「道の駅ダムカレー」をいただきました。新豊根ダムのダム湖である「みどり湖」をイメージしたグリーンカレーは、本格派タイカレーの味。ダムを模したごはんがカレーをせき止め、ゲートから水を吐き出す様子はウィンナーで表現。“ダム女”ゴコロをくすぐる逸品です。食後には、「プレミアム生クリームソフト」をぜひ。スパイスたっぷりのカレーのあとにぴったりなデザートです。特産品売場では、ジビエ肉、地元野菜や原木しいたけなど、旬の新鮮な食材を買うことができます。(奈々さん)


おすすめスポット PickUp!

スタンプラリーに挑戦